塗装工事

「屋根や外壁が色あせてきた」
「外壁にひび割れが入っている」
上記のような症状が出ている場合、そろそろ塗り替え時期のタイミングです。

塗り替えの目安は立地環境や塗料の種類にもよりますが、およそ10年ごとに行うのが最適と言われています。
劣化した状態のままだと本来の目的である防水性が落ちてしまい、雨漏りなどを引き起こしやすくなりますので、早いうちに塗り替えを行いましょう。

■ 外壁・屋根にこのような症状は見られませんか?

□ 色あせている
□ 外壁にひび割れがある
□ 塗膜の剥がれ、めくれがある
□ コケやカビが発生している

■ 屋根・外壁の劣化を放置すると……

屋根・外壁を放置してしまうとどうなるのか、こちらでご紹介します。

症状① 防水効果の低下
外壁材の表面をコーティングすることで、雨や湿気といった水分の浸入を防いでいる塗膜。
その防水性が落ちてしまうと、屋根・外壁の含水率が高まり、コケ・藻・カビが発生しやすくなります。
住まいの健康を保つためには、この段階で塗り替えを行うのがオススメです。

症状② ひび割れが起こる
防水効果が切れたまま放置していると、いよいよ塗膜が剥がれてしまい、外壁材自体の耐久性が損なわれることに。
耐久性が低下した外壁材はひび割れを起こし、やがて反りが目立つようなことになってしまえば、ますます外壁の劣化は進行するばかりですので、早めに塗り替えを行いましょう。

症状③ 外壁内部の劣化が進む
ひび割れた裂け目や反りの隙間から水分が浸入すると、外壁内部の下地に染み込んでいくため、そこから腐食が始まります。
腐食が進行で建材が脆くなるばかりか、外壁が崩壊する危険性も…。
また、壁自体が雨や湿気の影響を直接受け、雨漏りを引き起こすことでシロアリを招く原因にもなりかねません。
最悪の場合は大規模修繕が必要になってしまうため、そうなる前に屋根・外壁塗装を行って安全な住まいを維持しましょう。

【電話】0773-21-5889
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~18:00 (日曜定休)
【対応エリア】福知山市・綾部市を中心に近辺地域

一覧ページに戻る