解体工事

住宅や店舗、蔵など、多くの建物で採用されている木造の建物は、時代の流れと共に工法も多様化しています。
構造も複雑化していることもあり、解体工事を行う際は念入りなプランニング、スケジューリングが必要。

当社では事前に調査を十分に行い、建物の構造に合わせた工法を選択しています。
また、建設リサイクル法にも精通しており、廃材の分別やリサイクルも徹底して行っておりますので安心してお任せください。

■ 解体工事のポイント

工事範囲とご依頼内容を明確に
住まいの解体工事を行う場合、家財の処分や庭木・石の撤去も同時にご依頼されることが頻繁にあります。
この場合、事前に工事範囲を明確にしておくことで、お見積もりと実際の費用との差が少なく済むでしょう。

そのため当社では、現地調査と事前の打ち合わせをしっかりと行い、お見積もりに必要な情報を詳しく集めることに努めています。

地中障害物による追加工事
地中障害物とは、建物の基礎や浄化槽といった地中に埋まった設備全般のこと。
これらは工事中、見つかるたびに追加で費用が発生します。

図面をお持ちの方は事前にご準備いただくことで、スムーズに工事を進めることができますのでご協力をお願いいたします。

建設リサイクル法に基づく処理
解体工事は、建設リサイクル法にもとづいて行われることが義務付けられています。
解体で出た木材やアスファルト、コンクリートといった廃材は、分別・資源化することで有効活用が可能。
法令を遵守した工事を行うことをお約束いたします。

【電話】0773-21-5889
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~18:00 (日曜定休)
【対応エリア】福知山市・綾部市を中心に近辺地域

一覧ページに戻る